藤井シェフとの出会い・・・

ページを選択

こんばんは。

ラルドワーズの武丸でございます。

 

GWは、大勢のお客様にご来店いただき、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

初任給でお父様・お母様を食事に招待された素敵なお嬢様・・・

母の日のお祝いも兼ねて、食後プレゼントを手渡す家族の皆様・・・

それぞれの幸せそうな光景を目の当たりにし、

私達の仕事の意義について、改めて深く考えさせられた1週間でもありました。

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

・・・さて、私が福山に来て、はや2ヶ月なのですが、

今回は、そもそも藤井シェフとどうやって知り合ったのか?

・・・ということをお伝えしたいと思います。

 

遡ること12~3年前でしょうか・・・

藤井シェフとは、ラルドワーズのオープン前の最後の修行先である、神戸のフレンチレストランで

初めて出会いました。

 

その時の第一印象は、『眼がきれい!』。

 

ピュアな人生、濁った人生、色々ありますが、

どうやらやはり生き様は眼に出るようですねー・・・

当然、仕事振りも『ファイター』そのもので、当時は雇われの立場ながら、

職責を果たすのはもちろんの事、積極的にメニューを提案したりと、八面六臂の大活躍・・・

というイメージでした。

当時は、特に親密というわけでもなかったのですが、んーーーっ・・・

なんと表現したら良いのでしょうか、表面的ではなく、

お互いの内面を『フェザータッチ』し合うような仲だったような気がします(笑)

仕事や、休みの日の食べ歩きなどを通して、徐々にお互いの信頼関係を築いていったのでした。

 

当時のエピソードなどは、またの機会に。

おやすみなさい・・・ZZZ