私の『声』が小さい理由・・・

ページを選択

こんばんは。

ラルドワーズの武丸でございます。

 

今宵は『』のお話しを。

 

・・・私はあまり大きな声を出せません。

藤井シェフは、『腹式呼吸』で話すので声は大きいですね。

対して私は、腹式呼吸はおろか、肺の先端の空気だけで喋っているイメージです(笑)。

ノドの病気を患ったことも無いし、肺活量が極端に低いというわけでもありません。

 

じゃあ、何故なのか?

これは、若い時からなのですが、お客様との会話のトーンには、人一倍気を遣ってきたからなのです。

つまり、

今、サービスをしているお客様にだけは聞こえて、隣のお客様には聞こえない

声のトーンを追求してきた結果なのです。

 

・・・クリスマスなどの繁忙時、レストランでは単一メニューで対応することが多く、

コース料理で、お隣同士のお客様に、同じお料理を提供することは間々あります。

・・・私はこれが大嫌いでした。

料理説明をした後、間を置かず隣の席に同じ料理の説明をしなければならない・・・

自分がお客様の立場になれば、『店の都合で、客を画一化している。』と思うかもしれません。

つまり、食卓の『特別感』の濃度が低下する懸念があるわけです。

まあ実際には、料理を構成するパーツの食材を、順番を換えて説明したり、

あるいは、いきなり冒頭で『盛り上がってらっしゃいますかぁ~?』という声掛けで、

お客様の心理を揺さぶってから料理説明をしたりと、手練手管は尽くしてきましたけどね(笑)。

 

・・・この様な積み重ねの後、私は料理説明に対して、かなりの『臆病者』になっていました。

だから、料理説明をしている最中でも、お隣のお客様のことが、気になって仕方がありませんでした。

『頼みます~!聞き耳を立てないで~っ!』(笑)。

 

・・・というわけで、ボリュームのつまみを徐々にヒネるが如く、私の声のトーンは小さくなっていったのです。

 

お客様・・・私の声が小さければ、遠慮なくご指摘下さい。

でも、声が小さいのには理由がございます・・・

これは私なりの、お客様に対する『もてなし』の形の一つだからなのです・・・

 

それでは皆さん。

おやすみなさい・・・

 

P.S.       夜中、メルマガ作成中のシェフ・・・

ご苦労様です・・・