私に『一期一会』は語れません・・・①

ページを選択

 

お疲れ様です。

ラルドワーズの武丸でございます。

 

以下は実話です。

私に、『一期一会』という言葉の意味を考えさせてくれた出来事。

 

・・・若かりし頃、私は神戸の高台にある、ロケーションの素晴らしいレストランに勤めておりました。

急な坂道を登りながらの出勤は辛かったのが印象に残っています。

仕事のプレッシャーは大きかったのですが、当時は、それなりに希望を持って働いておりました。

 

春真っ盛りの、とある日・・・

ランチタイムに年配の物静かなご夫婦が来店されました。

ご主人は割りと恰幅が良く、奥様は小柄で、ご主人の後を寄り添うように静々と進まれる印象。

 

私はこのご夫婦をお席まで誘導し、お飲物の注文を承りました。

ご注文されたのは、『シャトー・シュノンソー』の白・ハーフボトルで、

ヴィンテージは忘れましたが、この時のエチケット(ワインラベル)は

今でもはっきりと脳裏に焼き付きついています。

 

お2人は、こういったフランス料理店に慣れていないらしく、とても居心地が悪いご様子。

私は、このお席を担当して、コース料理の進行に合わせながら、さりげなく会話を投げかけてみました。

どうやら今回のご来店の主旨は結婚記念日のお祝いとのこと。

ただ、記念日らしい派手な演出は不要で、2人で静かに、ゆっくりと食事を楽しみたいと仰ります。

 

淡々と進む食事・・・

お2人は特に会話をするわけでもなく、窓の外に見える神戸の雄大な景色を眺めてらっしゃいました。

・・・桜が満開です。

そう、窓の外には桜並木があり、その背景に神戸の町並みと港が見渡せるロケーションのレストランでした。

ゆったりと流れる時間に、お2人とも満足なご様子です。

お酒も入り、多少は気分が良くなられたのか、ご主人に時折笑顔も見受けるようになりました。

 

そしてお帰りの際、ご主人は『ゆっくりと桜並木を眺めながら、自宅へ帰ります。』と私に言い残し、

お2人仲良く、帰路につかれたのでした・・・

 

翌朝、私は出勤時、汗をかきつつ坂道を登りきろうとした時、

サービスの同僚から電話がかかってきました。

こんな時間になぜ同僚から?・・・不安が胸を過ぎります。

 

『もしもし?・・・何かあったん?』

『昨日の昼に来店された〇〇様ご夫妻の奥様が、昨夜亡くなられたそうです!』

『えっ!?』

私は頭の中が真っ白になりました・・・

 

(すみません、続きは次回に。)