日本語とフランス語の共通点?

ページを選択

 

こんばんは。

ラルドワーズの武丸でございます。

 

長年フランス料理に携わってきましたので、

多少はフランス語に触れることになります。

喋れる訳ではありませんが、聞き取り位なら・・・

・・・これも出来ません(泣)

しかし、文法はメニューの作成等必要に迫られましたので多少は勉強しました。

 

・・・その勉強中にふと思ったのですが・・・

フランス語と日本語は、なんか似てるな~ってことなんです。

 

例えば、英語で言う所の、『I love you.』。

・・・日本語なら、『私はあなたを愛しています。』ですが、これがフランス語なら、

『Je t’aime.』(ジュテーム)となります。

 

ん?何が言いたいかって?

英語なら・・・『私は(I)』+『愛しています(love)』+『あなたを(you)』という順番で、

相手に言葉の情報が伝達される訳ですが、

日本語とフランス語の場合は・・・『私は(Je)』+『あなたを(tu)』+『愛しています(aime)』という順番になるわけです。

つまり英語は、『主語』+『述語』+『目的語』で、

日本語・フランス語は、『主語』+『目的語』+『述語』という順番。

 

『私はっ!』と宣言してから、英語の場合は『愛していますっ!』という自己の思考・行為を述べることによって、

その『愛していますっ!』の対象に対して、注意を喚起するという表現。

日本語・フランス語の場合は、『私はっ!』の後に聞いて欲しい対象(『あなたを』)を指定して、

あらためて自分の思考・行為を述べるという表現・・・

 

どちらが良い・悪いというわけではなく、もちろん優劣の対象になるわけでもありません。

当然例外もありますので、一概には言えないのですが、

相手に『伝える』表現方法の、このちょっとした違いが、人間関係にどのような影響を与えるのか、

とても興味深く思っています。

 

それでは皆さん

おやすみなさい・・・

 

P.S.

仕込中のシェフです。忙しい最中の一枚。

この笑顔は、余裕の笑顔ではなく、この忙しいときに何しとんじゃ!という怒りを含んだ笑顔です(汗)