人間とは『忖度』する生き物だっ!!

ページを選択

こんばんは。

ラルドワーズの武丸(たけまる)でございます。

 

雨上がりのさわやかな青空に包まれて、

あらためて、ああっ、ここは福山なんだなという実感に浸っています。

『気を抜けばすぐに現実逃避』が特技ゆえ・・・

・・・だから青空は自分の位置を確認する為の大切な『GPS』なのです。

 

『忖度(そんたく)』という言葉を良く耳にします。

昨今は、あまり良いニュアンスの言葉じゃないみたいですけど、

本来の意味は、『他人の気持ちをおし量ること』だそうです。

つまり、自分の想像力を駆使して、他人の気持ちを理解しようとすることですかね?

 

・・・これってまさに接客の基本じゃありませんか!

 

まあ、これって接客業に限ったことではなく、日常生活においても、

とても大切なことではありますが・・・

 

つまり、ポイントのずれた『忖度』をすれば、最近テレビを賑わしているような事態になり、

的を得た『忖度』をすれば、お互いが幸せになるということなんでしょうね。

・・・とすれば、的を得た『忖度』をするためにはどうすれば良いか?

 

レストランの立場で言えば、それはお客様に対する『観察』です。

入店されたときのお客様のしぐさ、視線、お召し物、シチュエーション、何気ない会話etc・・・

これらを収集して、より精度の高い『忖度』をする。

そして、この『忖度』を『行為』に転化すること、これこそが私達サービス人の仕事なのです。

 

・・・とは言え、自分の価値観が、相手の価値観を受け付けない等、絶えず心の中では葛藤があるわけです。

 

したがって『忖度』するということは、自分の価値観と相手の価値観の合致点を見い出す努力をし、

それを受け入れていく。そしてそれが、自己の成長に繋がっていくんだ、という風に解釈できるかと思うんです。

 

できる限り、良い『忖度』を心掛けましょう!

温かい気持ちで相手に接することで、お互い気分が良くなる・・・

そう、この『気分が良い』って、とても大切ですものね。

 

それではまた・・・

おやすみなさい。

明日も皆様にとって良い一日でありますように・・・