『足るを知る』ということ。

ページを選択

こんばんは。

ラルドワーズの武丸でございます。

 

ラルドワーズに入店してから、以前からお越しの常連様との会話も増えてまいりました。

いや~・・・

どの常連様も、本当にラルドワーズを愛してらっしゃるんだな~。

会話から、その想いがヒシヒシと伝わってきます。

シェフの料理に対する熱意、また今までシェフを支えてきたスタッフとの会話・・・

そういったことが、ストレートにお客様の心に届いていると実感します。

まさに、これはラルドワーズ10年間のシェフやスタッフの努力の賜物であり、

私は、ただそれを引き継いでいるだけに過ぎないのですが・・・

 

そんな中、先日ランチとディナーで、

別々のそれぞれ違った常連様が来店されました。

いずれもお話し好きの常連様で、興至れば長時間話し込んでしまいます。

大抵は料理の話から始まり、ワインのこと、シェフのことなどと話が広がって行き、

最終的には、お客様の生い立ちから、人生観に至るまで、どんどん深みに嵌って行くパターンです(笑)

 

それぞれの常連様の生い立ちや人生観は当然違っていて、

話される内容も対照的です。

しかし、『人生観』について話されていた時、お二人から同じ言葉が発せられたのでした。

それは・・・

 

『足るを知る』。

 

これは、「知足者富」(足るを知る者は富む)という

古代中国の哲学者である老子の言葉が由来であるのですが、

同じ日に、時間は違えど、同じ言葉をお伺いするとは思いもしませんでした。

それほどこの言葉は、人々の心に浸透していて、

また人生の真理を衝いているのだなと、改めて実感した次第です。

 

確かに私がそうなのですが、

心の中に現状や環境への不満の種を持ち、事あるごとにその種を育てようとする自分がいます。

何かが『足りない』『足りない』・・・ばかり考えて、廻りが見えなくなり、

空回りする日々が続いたこともありました。

 

でもそれぞれの常連様の生き様からは、そのような『人生の翳り』は見当たりません。

現状を受け入れ、現状に満足する。

 

お二人のこの言葉は、

『人生をそんな角度から見ちゃいけないよ!』という

私に対しての叱咤激励と、今は解釈しております。

 

本当にありがとうございました。

お二人の常連様に心からの感謝の気持ちを込めて・・・

 

それでは、おやすみなさい・・・

 

P.S. 今日は福山市役所で『地産地消』についてのお勉強・・・