『褒める』ことの難しさ・・・

ページを選択

こんばんは。

ラルドワーズの武丸でございます。

 

先日、ある常連様が、久々のご来店。

お会いした初めの頃は、緊張した面持ちで席に着いていらっしゃったのが印象的でした。

ところが、今回のご来店時、髪を上品にアップされ、明るい色のお召し物。

何か良いことでもお有りだったのかな?・・・

そこで私は常連様にこう言ったのです。

 

以前に比べて、随分さわやかな印象です!

 

その時、常連様のお連れ様に、すかさずこう突っ込まれました。

 

じゃあ、以前はどうだったの?

 

・・・そうです。

どうやら私は失敗した気配が濃厚です(汗)

『以前』は『今』より劣っていたことを、あえて掘り起こしたような褒め言葉になっていることに気付き、

私は凍りつきました・・・

 

・・・とまあ、深刻な話に聞こえるかもしれませんが、これらの会話は、

なごやかな雰囲気の中で行われ、

底流には常連様との信頼関係がありましたので、この場は事なきを得ましたが・・・

 

改めて思いました。

褒めるのなら『今』だけを褒めよう!

 

『過去』と比較した『今』を褒めると、危険です。

『過去』の比重は、人によっていろいろですものね。

『今』に意識を集中して相手を褒めると、事実がより鮮明に相手に伝わります。

 

・・・逆説的にいえば、

如何に自分が、過去に囚われているかを証明したようなものですね。

『過去』を基点に『今』を見ようとしているわけです。

 

『過去』と『今』は、切り分けて考えないといけない!

 

・・・山の麓を出発して、山頂に到着しました。

山頂に着くためには、必ず麓から登り始めないといけないわけですから、

麓なしでは山頂はありえない。つまりプロセス的には密接な関係がある。

・・・しかし『麓』と『山頂』はGPS的には全くの別物であって、何の関わりも無い。

『麓』にいて目の前のお花畑を観ず、『山頂』に想いを馳せる事は、精神衛生上宜しくないように思います。

 

・・・解かっちゃいるけど、これがなかなか・・・

歳を重ねる度、過去への執着が強くなる自分が、少し怖い・・・

でも、歳に関わらず気持ちを矯正していかなきゃ、と思い直しています。

 

『今!』『今!』『今!』・・・

 

それでは・・・おやすみなさい・・・

 

P.S.    先日、初めて『バラ公園』に行きました。・・・誰もいない(笑)