『料理説明』の重要性。

ページを選択

 

こんばんは。

ラルドワーズの武丸でございます。

 

今日は『料理説明』について。

 

フランス料理店において、サービス及びキッチンスタッフが、

お持ちした料理をお客様に説明して差し上げることの重要性は、

他の飲食店と比べて大きいと思います。

 

それはやはり、他の料理と違って、フランス料理の場合、

食材の加工率が高いことが要因の一つに挙げられるでしょう。

フランス料理では、食材に手を加える工程が多く、

完成した時点で、元の食材の原形を留めていないことが良くあるからです。

 

つまり料理を運ぶサービス人も、そしてお客様も・・・

料理人の、製造過程を含めた『解説』が無いと、

自分が何を運んでいるのか・・・、またお客様も自分が何を食べているのかが

解からないことになってしまいます。

 

また、フランス料理では、日本では馴染みの無い食材であったり、希少部位であったりと、

普段の家庭の食卓では、なかなかお目にかかれないものを使用したりするので、

これまた、知識と説明が必要になってきます。

 

つまり、フランス料理店では『料理説明』が、料理の内容とともにとても重要なファクターの一つになります。

 

当然そこには、多くの技術が必要となり、またその習得には、多くの時間を費やされます。

 

次回では、私が実際に行っている『料理説明』・・・

そのノウハウの一端をご紹介します・・・

 

ちなみに私は、料理の説明が、どうやら大好きみたいです(笑)

 

P.S.  真鯛&シェフ・・・