『居心地の良いレストラン』の条件とは?

ページを選択

 

こんばんは。

ラルドワーズの武丸でございます。

 

休みの度に、色々食べ歩きに出かけています。

福山には良い店が多いことは解かりました。

しかし・・・

『居心地の良い』レストランには、まだ出逢っておりません。

どなたかご存知な方、ラルドワーズ・武丸宛まで是非ご一報下さいませ・・・

 

それでは『居心地の良い』レストランの条件とは何か?

賛否両論あろうかとは思いますが、私の考える条件は

店のスタッフ全員が、絶えずお客様のことを気に掛けている

ことだと思っています。

 

・・・一人のサラリーマン風の男性がカウンターに座りました。

見た感じ気難しそうな雰囲気を醸し出しています。

おもむろにグラスのスパークリングワインを注文し、

前菜・メインディッシュに白・赤のグラスワインを合わせて食事をしている状況・・・

 

・・・実はこれ、私が一人で食事をする時のシチュエーションなのですが、

この時、どのお店でもスタッフから、一度もプライベートに立ち入った質問を受けたことがありません。

『どこからお越しなんですか?』

『お仕事帰りですか?』

『ワインがお好きなんですか?』 ・・・etc

 

つまり、初対面のお客様にどう対応するかが、

『良いお店』と『居心地の良いお店』との分かれ道になるように思うのです。

 

人に興味を持つことはとても大切なことだと思います。

初めて来店されるお客様はみんな『アウェー』で食事をしているわけですから、

これからここを『ホーム』にしてもらうように努力することがとても重要です。

 

他のスタッフが常連客と親しげに話している状況こそ、一人の一見客に最大限の注意を払う。

このお店としてのバランス感覚こそが、居心地の良さを造り出す要素の一つだと改めて思いました。

 

それでは、おやすみなさい・・・

 

P.S.  珍しく少し酔った御様子のシェフ・・・