『地産地消』の本質に挑む!!

ページを選択

(入荷した世羅の本州鹿を捌く藤井シェフ)

 

こんばんは。

ラルドワーズの武丸でございます。

 

私がラルドワーズで働きだしてから3ヶ月。

慣れないことはまだまだありますが、まあ、何とか形になってきたかな?とは思います。

 

そこで私は今、私自身が持つ本来のテーマである『地産地消』について、

この福山という土地を中心に据え、

そろそろ本格的に取組んで行きたいと考えています。

 

料理人が『地産地消』というテーマに取り組む例は、全国数多に存在します。

しかしサービス人がこのテーマに取組むと、どうなるんだろう?

というのがそもそもの発端です。

 

料理人は、食材の生産者を訪ね、触れ合い、

そしてその食材と格闘することによって、地域色に富んだ料理を生み出す・・・

非常にメッセージ性の強いものが出来上がるわけですが、

この流れの中に、サービス人が介在することによって、更なる相乗効果を生み出せるのではないか?

出来上がった料理をお客様に『伝える』ことの重要性を、改めて世に問いたいと思っているのです。

 

生産者の思い、料理人の思い、そしてお客様の思い・・・

グローバル企業が取組む『六次産業化』(第一次・二次・三次産業を、それぞれプラスし一元化しようとする概念)

とは一線を隔した、小規模店舗ならではの、内容の濃い、機動性に満ちた、そして皆が幸せになる仕組みを

創って行くことを使命として取組んでまいります。

 

その為にには、シェフの協力はもとより、来店されるお客様のご意見が何より重要です。

色々な仕掛けをを施す中で、その都度お客様のご意見を賜りながら、

さらに料理・サービスをブラッシュアップしていく・・・

お店とお客様が、スパイラル的に上昇していく過程が、イメージとして私の頭の中で膨らんできています。

 

これからは、現地取材等のアクションを起こしますが、

このブログを通して、皆様に進捗状況をご報告したいと思っております。

 

お客様・・・何か良い情報がありましたら、是非この武丸に教えてあげてください・・・

改めまして、今後ともよろしくお願い申し上げます・・・

 

それでは、おやすみなさい・・・

 

P.S.   下の写真は、藤井シェフの前足の肉球ではありません・・・愛媛のアワビです。