『フランス料理』との出逢い。そしてその衝撃!

ページを選択

 

こんばんは。

ラルドワーズの武丸でございます。

皆さん、今日も一日お疲れ様でした・・・

 

今日は、私が初めて『フランス料理』と出逢った時のお話を少々・・・

 

当時私は20代前半で、大阪・梅田のド真ん中にあった、

当時流行の倉庫を改装したような、おしゃれなレストランに勤めておりました。

数百種類のカクテル、世界各国のビール、そして、おつまみ的な料理から、本格的な料理までを

幅広く取り揃えた欧風料理の数々・・・

その中に、思い出の料理はありました。

 

車海老のアメリケーヌ・グラタン』という一品です。

 

そのとき私は洗い場にいて、テーブルから帰ってきたお皿を一生懸命洗っておりました。

するとその中に、ソースだけが残された『車海老のアメリケーヌ・グラタン』があったのです。

すごく気になったので、いけないとは思いながらそのソースを指ですくって舐めたところ・・・

 

んん~っ?! ・・・ なんや、この味はっ?!

 

あまりの美味しさに、雷に打たれたような衝撃を受けました。

その後、何度も何度も、指ですくっては舐め、すくっては舐め・・・

味を確かめようと必死でしたが、その時は、身体の反応を抑えることができなかったと記憶しています。

 

・・・ソースが話しかけてきました。

『どうじゃ!ワシは美味しいじゃろ?もっともっとワシを舐めんかい!』

まるでソースに脅迫されているような感覚(笑)。

この時の感覚は、今も身体の中に染み付いていて離れようとはしません。

 

・・・この経験が、私のフランス料理探求の旅のスタートとなったのです。

フランス料理って、どれだけ凄いんだ? この美味しさの正体は一体何なんだろう?

この味の凄さを、お客様に対してどう表現したら良いんだろう?・・・

 

その後、色々な職場でサービスに携わりましたが、

これらの問い掛けを常に心の中で繰り返しながら、仕事をしてきたように思います。

そしてそれは、今も続いているのです・・・

 

次回は、このフランス料理の美味しさの正体について、自分なりの考察を述べたいと思います。

お楽しみに!

 

・・・そうそう、ラルドワーズにお越しいただければ、もっともっと詳しい話をさせていただけるかと(笑)

 

それではおやすみなさい・・・

 

P.S.

シェフが、『三良坂フロマージュ』さんのチーズを使った新しい料理を試作中のひとコマ。

つい興味があったので、つまみ食いをしようとした瞬間!!・・・

・・・この後の惨劇についてはコメントを差し控えたいと思います(笑)